スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまで使いこなしているのか?

やっと年末年始の休みにはいったが、毎度毎度の博士のマスター設定をまとめて作る
期間となってしまった・・・
なぜか毎年「GW」と「年末年始」に集中してやらないと、特に「病院設定」は落ち着いて作れないんだな。

「担当者が1人だと孤独で辛いんです。」
「こういう作業を査定の分析も含めて「保険審査対策室」みたいな感じで1つの部署として認めてくれて、
 複数の人間で取り組むように人選してくれる病院が1番理解のある病院なんだろうな。」嫌な事は人に押しつけておいて、こういう現状を分かってくれない病院はどこも同じなのだろうか?


先日、ある病院の担当者と会話をした。
Q「レセプト点検に博士をどこまで活用されてますか?」
A「疾患チェックと算定チェックですが何か?」

Q「病院設定の画面はどこまで作りこんでいますか?」
A「作り方がいまいち分からないのと、作るのに時間がかかりすぎて、医事と掛け持ちだと、なかなかうまくいき  ませんねぇ。それと医事ベンダーさんは販売店なのに相談相手にならないですね。開発元がやっている「勉強  会」に参加させてくれるとイイんですけどね。」

Q「勉強会」の話を聞きましたか?
A「他の病院の方に聞きましたが、開発元のN○○データさんと直接契約している病院は過去に「説明会」で作り  方を教えてもらったみたいですね。○○さんも知っている話では?羨ましいですよ。」

Q「実は、病院設定は結構な数の作りこみをしました。やっと医事システムのレセプト全件目視から離れることが  できました。」
A「有料でその病院設定のマスターの一部を売って頂くことができますか?」

Q「ビジネスになりますかね?」
A「確かに全件目視を辞めて博士だけにしたら点検枚数が減りますね。それで残業が減って査定が減るのなら
  個人的にビジネスしても、それはアリだと思いますよ。」

Q「買ってもらえるような中身かどうか・・・でも考えてみようかな?」
A「○○さんに短期間でコンサルで入ってもらって作ってもらえるのなら、ウチの病院ならアリだと思いますよ。  前向きに考えてみてほしいですね。よろしくお願いしますよ。」

なんか、ほとんど「ヨイショ」されたような感じの会話だったが、自分が作成したマスターのノウハウを提供してそれでレセ点検が楽になるのなら、そんな考え方もアリなのかな?と思ってしまった。
そんな風に考えてくれる医療機関が「お客様」となるのなら、ビジネスになるのかもしれませんね。

おっと。妄想しすぎて時間をつぶしてしまった。
現実に帰って続きを作りましょう。

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

他社の話ですが・・・

10月15日発刊の「医事業務」にマイティチェッカーを使っている北海道の厚生連のある病院の導入事例が書かれていますね。
それと同時に10月~AISさんの売り込みの営業もすごい積極的のようで。
しかし、ある県の情報では、「ウチは、支払基金が10月よりチェックを強化した項目もすべて網羅しています。と言っているようで・・・」支払基金は審査内容なんて非公開のはずなのに「特別な関係?」でもあるのでしょうか?
これって問題にならないのかな?

縦覧チェックについて

最近大手3社(博士、べてらん君、マイティ)は今後の支払基金のチェックに合わせるかのように、どこも縦覧チェックをオプションで装備しているようだが、中身のサンプルデータの中に査定の事例に基づいた現場が欲しがるチェックを標準で入れているのだろうか?
これも、引っかける方法は作りましたが、設定は各医療機関で・・・といういつものパターンでは、使う気になれないんだよね。

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

あっという間に11月に突入~

あっという間に11月に突入する。

変わり映えのしないチェック機能。

こんなこと何年続けるのだろう。

どうしてユーザーアンケートをやらないのか?

とつぶやく・・・

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

09/12のツイートまとめ

MedicalMeister

どうしてレセプトの査定は減らないのか?審査する側が審査基準をもっとオープンにすれば、現場は適正な請求をする。と思うのだが・・・
09-12 06:00

プロフィール

ドクターS

Author:ドクターS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。