スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初に、つまづいたこと

とりあえず、レセ電用ファイルを作成して、博士に取り込む。
「さ~。どんなチェックリストが出てくるのかな?」 と「リスト形式」にして出してみる。

出てきて「ビックリ!」
「何これ?」 ほとんど「適応疾患がありません」ってどういうこと?

ここからが戦いです。
提供されているマスターは、あくまでも「薬効の本」や「検査の本」の内容だけなので
あとはエラー扱いとなった疾患を、ここの薬剤や検査に追加しなければ使い物になりません。

ここで、もう諦める医療機関が多いようです。

自分は、「あなたは経験者だからよろしく。」 みたいな感じで、前任者がほったらかしにした
リストの山を引き継ぎましたが、山の高さは、約3メートル!

何年かかるかな? 正直、凹みました。

自分の知識を基に、各科担当者に確認しながら、適応疾患をこまめに追加していきました。





スポンサーサイト

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

ドクターS

Author:ドクターS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。